総量規制対象外とは?規制がないとどう違う?

総量規制対象外とは、貸金業法で定められている総量規制が適用されないということを意味します。貸金業法は、消費者金融や信販会社など、基本的にはすべての金融業者に対して適用されます。しかし、銀行や信用金庫については特別の法律があるので、貸金業法は適用されません。すなわち、前者には銀行法が、後者の信用金庫では信用金庫法が適用されます。

総量規制というのは、年収の3分の1を超える融資を受けられないという規制です。貸金業者で借りる場合にはこの対象ですので、どんなに属性が良い人でも年収の3分の1を超える融資は受けられません。

公務員や大企業の正社員として働いている人は、年収の半分くらいを借りることも珍しくありませんでした。年収が1000万円の人なら、年間返済額が500万円でも年収500万円の生活ができますので、それほど負担は大きくありません。しかし、現在では年収の3分の1が限度ですので、年収が1000万円の人が貸金業者で融資を受ける場合、333万円が限度となります。

しかし、多くの人にとっては、あまり関係のないことかもしれません。よほど属性が良い人をのぞけば、法律がなくても年収の3分の1程度までしか借りられないからです。専業主婦の人は、貸金業者では借りられなくなったという点は大きいかもしれません。

まとめると、貸金業者でローンを借りるときの審査に申し込むときは、貸金業者から借りている総額が年収の3分の1を超えていないか気をつけておく必要があるということです。